PRを含む
スポンサーリンク

アマゾンで注文してみた。トラブルとその対応も。【フランスワーホリ】

アマゾンで注文してみた。トラブルとその対応も。【フランスワーホリ】 ワーホリ
浮舟
浮舟

~この記事を読んでほしい方~

フランスワーホリに行く方

フランスのアマゾンで注文したい方

今回のお話は、フランスのアマゾン、です。

私は現在、フランスワーホリの真っ最中なのですが、1年もフランスにいると、どうしてもネットショッピングをする必要性がでてきます。
例えば、重いものを買ったり、店頭では見つけにくいものを買ったり。
また、私の場合、山の中で働いており、車も持っていないので、気軽に買い物にいけません。わざわざお金を払ってバスに乗って下山してまで買いに行くのも面倒なので、アマゾンを活用しています。

ちょうど、1つ前の記事でお話していた、ShokzのOpenfitもフランスのアマゾンで購入しました。

ShokzのOpenfitレビュー。スポーツ用や作業用・語学学習にピッタリ!!ソロスキーで大活躍。
浮舟 ~この記事を読んでほしい方~ Openfitが気になっている方 イヤホンやヘッドホンの閉塞感が嫌いな方 骨伝導が苦手な方 今回は、ShokzのOpenfitのお話です。 かねてから気になっていた、ShokzのOpenfitを我慢できず...

ということで、今回はフランスでのアマゾンの注文をしたよーというお話をしたいと思います。
細かいハウトゥーというよりは、体験談に近いです。
(注文方法は日本とほとんど同じなので。)

スポンサーリンク

注文方法

先述通り、注文方法については、日本とほとんど同じなので迷うことはないと思います。

特記しておくことがあるとすれば、
・送り先が必要。
・連絡先が必要。
・決済用のカードが必要。

送り先

荷物を受け取るので、当然ですが、送り先が必要です。
普通のアパートに住んでいる方は、その住所を入力すれば問題ないと思います。

一方で、Airbnbなどを経由して借りている方や、シェアハウスなどの方は、一応持ち主に確認しておかれるといいと思います。

私の場合、現在部屋付きの仕事に就いているのですが、そこがホテルというかロッジみたいなところで、荷物を受け取るための住所がありませんでした。
そのため、職場に荷物を送ってもらって、そこで受け取っています。もし同じような状況の方は、一度雇い主に確認してみるといいと思います!

連絡先

これも日本と同じですね。
ログインや、荷物に関する連絡のために、連絡先が必要になります。
電話番号だけの登録でも大丈夫だったので、私はフランスで契約したFreeの番号を使っています。

フランスワーホリでSIMを買ったお話【Free】テザリングも可!
浮舟 フランスワーホリに行く方 フランス旅行である程度長期間滞在する予定のある方 今回は、SIMのお話です。 私は現在フランスワーホリに来ていますが、一番最初にやったことといえば、タイトルの通り、「SIM」を購入することでした。というのも、...

送り先がややこしいときなど、電話がかかってきますので、フランスで連絡がつく番号を使うことをおすすめします!!

カード

こちらも当然ながら、支払い手段の登録が必要になります。

私は、ユーロの給料が入ってくるWise を支払い用のカードとして設定しております。

【Wise】フランスワーホリお金周り【給料・クレカ・携帯料金・現地通貨】
浮舟 ~この記事を読んでほしい方~ フランスワーホリに行く方。 その他の国のワーホリに行く方。 海外留学や海外転勤などへ行かれる方。 今回は、お金周りのお話をしたいと思います。 ワーホリや海外留学、海外勤務で切っても切り離せないのは、「お金...

これで、わざわざ為替手数料を払ってユーロに変えたり、もしくは日本のカードで為替手数料を取られたりすることがありません。
ユーロの給料がある方は、Wise を使って、給料受け取りとカード支払いをまとめてしまうのがいいと思います!!

2つのプチトラブル

さて、登録をすまして、3回ほどフランスのアマゾンで注文をしたわけですが、2つほどプチトラブルがありました。
運が悪かったのか、フランスだと普通なのかわかりませんが、幸い金銭的な損失は特になかったです。
ですが、まあこういうこともありますよ、という参考までにどんなことがあったかをお話していこうと思います。

予定日に届かない

日本だとほとんど経験しませんでしたが、3回中2回は予定日に届きませんでした。
先述通り、私は山の中で働いているので、立地的なものだったり、交通状況が悪い(雪山なので)ということもあるかもしれません。
が、急を要するものを注文するときは注意が必要かもしれません。

また、遅れる場合でも特に連絡はありませんでした。
なので、実際に届くまで、本当に届くかどうか心配でした。

荷物がロストした。

もう1つのケースは、そもそも荷物が届きませんでした。

予定日に荷物が届かないので、また遅延しているのかなーと気長に待っていました。
しかし、1週間たっても一向に届かないので、アマゾンのマイページをのぞいてみました。
すると、配送先がわからないから届けられなかった、という旨のメッセージが表示されていました。
そして、配送会社からSMSが届きました。「配送先が不明だったから、もう一度住所を入力してください。」とのこと。一緒に記載されていたリンクへ飛ぶと、なんと再配送料がかかるとのこと。
別の配送会社は迷わず届けてくれているので、最初に登録した住所で届けられるはずなのに、なぜ再配送料を払わないといけないんだ、とケチな私は思いました。
もう一度アマゾンのページを見に行くと、返金処理ができる旨の記載がありました。
そこで私はチャットでアマゾンのカスタマーサービスに問い合わせて、商品が届かなかったから、返金してほしい旨を連絡しました。
状況を説明するとすぐに受諾の旨の連絡が来ました。

ということで、商品はあきらめて、返金してもらうことにしました。
幸い、急ぎの商品でもなければ、必須の商品でもなかったので、事なきを得ました。

繰り返しになりますが、緊急の用件で使うのはちょっと注意が必要かな、と思いました。

さいごに

いかがだったでしょうか。

これから初めてフランスでアマゾンを使う方の参考になれば幸いです。

ほなね~

コメント

タイトルとURLをコピーしました