PRを含む
スポンサーリンク

グローブパートナーを使って歯医者に行った【フランスワーホリ】

グローブパートナーを使って歯医者に行った【フランスワーホリ】 ワーホリ
浮舟
浮舟

~この記事を読んでほしい方~

フランスワーホリの保険を検討している方

フランスにきて、グローブパートナーの保険を使う必要がある方

今回はワーホリの保険のお話です。

出国前に保険をグローブパートナーにしましたよーという記事を書きました。

【2023年最新】自力でフランスのワーホリビザ申請した!【海外旅行保険加入証明書・グローブパートナー】
浮舟 ~この記事を読んでほしい方~ フランスのワーホリの準備をしている方 どの海外旅行保険に入るべきか検討している方 今回は、海外旅行保険加入証明書です。 必要と考える保険は人それぞれ違うと思いますので、この記事で保険の比較はしません。私は...

今回は、(不幸にも)保険の請求が必要な事態が起こったので、その経緯と、実際に請求して保険金を受け取るまでのお話をしていきたいと思います。
実際に請求する必要がある方や、もしくは出国前でどの保険会社にしようか検討されている方の参考になれば幸いです。
特に注意していただきたい点についても、お話していきますので、最後までご覧ください。

スポンサーリンク

経緯

まずは、どんな状況で病院に行く必要がでてきたということや、実際フランスの病院はどんな感じだったのか、など請求に至るまでの経緯をお話していきたいと思います。

私は、海外の病院に行くのは怖いし、保険の請求もめんどくさそうだから、なるべくそのような事態にならないように気を付けながら生活していました。軽い風邪であれば薬を飲んで済ませたり、けがをしても自然治癒に任せたり。。。(よくないことだと思いますが。)
特に「歯」については、自然治癒ではどうしようもないので、朝晩の歯磨きを徹底したり、歯の着色を避けるために色の強いものを食べたり飲んだりした後は、口をゆすいだりして、ワーホリの1年間歯医者にかからなくてもいいように気を付けていました。
もちろん、出国前には検診を受けて、虫歯等がないこともチェックしてもらってからフランスに来ました。

しかし、それらの予防ではどうしようもないことが起きてしまいました。。。
歯の詰め物が取れてしまったのです。。。
普通の食事をしているときでした。何か、ガリッという異物を噛んだ感じがしました。
そのときは、胡椒の粒が残っていたのか、何か料理しているときに入り込んでしまったのかと思っていました。しかし、後々になって口の中を確かめてみると、明らかに一カ所歯に空洞があることがわかりました。

「うわー、やっちゃった。。。」

そのとき、めちゃくちゃ絶望しました。
歯の詰め物なんて自分ではどうしようもないし、また、その穴から虫歯が発生して、進行することも想像すると気が重くなりました。一瞬ほっとくことも考えましたが、その時点でワーホリはあと5か月残っており、とてもこのストレスを抱えたまま、過ごす気にはなれませんでした。
翌日職場でそのことを話すと、歯医者を教えてもらいました。
しかし、あいにくSaisonnierとして山の中で働いている私は、一番近くの麓の歯医者ではなく、もう少し離れた、車で1時間半以上離れた歯医者にいかなくてはならなかったのです。

ですが、お話した通り、歯のストレスは自分ではどうしようもなくて、耐えられないたちなので、歯医者に行くことにしました。
こうなってしまうと、早く行って済ませたいので、職場の人の「緊急ってお願いした方がいいよ」というアドバイスのもと、歯医者に連絡を取り、翌日の昼からの予約を取ることができました。

初めてのフランスでの歯医者にビクビクしていましたが、日本の歯医者と流れはまったく一緒でした。

「予約はありますか」「はい、〇〇です。」
「保険証(Carte Vitale)はお持ちですか?」「いえ、持っていないです。」

「名前と生年月日を教えてください」「〇〇です」
「順番が来るまでおかけになってお待ちください」
「診察はこちらの部屋になります」
「症状はどのようなものですか?」「右下の奥歯の詰め物が外れました」
「あぁここですね。簡単に治療できるので麻酔せずに治療しますね。痛かったら言ってください」
「まず患部を掃除して、乾燥させてから詰め物をしていきます」
「終わりました。もう一度同じ場所でお待ちください」
「支払いはどうされますか?」「カードでお願いします。また、保険請求のために必要なので【Feuille de soins】をください」(←詳細は後述します)

しゃべったことといえば、こんな感じです。フランス語には自信がないのですが、だいたい日本と同じ流れだったので、問題なく会話することができました。

請求書類の準備

さて、こんな感じで、問題なく治療を終えることができ、一安心しました。
ここからは本題である、グローブパートナーでの保険請求の方法についてお話していこうと思います。

事前確認

まず私は、歯医者の予約と並行して、グローブパートナーに保険請求の方法や、保険の対象となるかどうかについて事前確認を行っていました。
というのも、初めてのことでしたし、そもそも対象になるのか、必要書類と申請方法なども知りたかったので、HPを見ればわかることもありますが、一応連絡してみました。
問い合わせる先として、実際の請求先となるフランスの窓口と、日本の窓口がありましたが、ワーホリビザ申請の際に原本をお願いした日本の窓口に一旦相談してみることにしました。

【2023年最新】自力でフランスのワーホリビザ申請した!【海外旅行保険加入証明書・グローブパートナー】
浮舟 ~この記事を読んでほしい方~ フランスのワーホリの準備をしている方 どの海外旅行保険に入るべきか検討している方 今回は、海外旅行保険加入証明書です。 必要と考える保険は人それぞれ違うと思いますので、この記事で保険の比較はしません。私は...

問い合わせた内容としては、こんな感じです。

  • 緊急歯科治療として、次のような備考があるが、今回の場合の治療は保険の対象となるのか。
    ※虫歯、親知らずの治療です。インレイ、オンレイ等は補償対象外です。(参照リンク

するとすぐに回答をいただくことができました。ざっくり要約すると以下のような感じです。

  • 過去の虫歯に伴う歯の詰め物が外れた場合、処置費用は対象になるが、詰め物の費用は対象にならない。
  • 必要書類が記載されたHPのリンク
  • 同ページには書類の送付が必要となっているが、まずはメールでの送付で足りるとのこと。また、額が少額であればメールのみのやりとりで支払いまで完結するとのこと。
  • 請求先(フランスの窓口)の案内

と、とても丁寧に回答をいただくことができました。
また、詰め物についてもQ&Aを見ている限り、まったく補償の対象とならないのかな、とも思っていたため、問い合わせることでその点がクリアになったので、よかったと思います。
さらに、HP上では、「契約有効期限または、旅行終了日から3か月以内に上記書類をあわせてACSまでお送りください。」と記載されており、てっきり原本の送付が必須なのかと思いましたが、メールで対応いただけるとのことだったので、その点も教えてもらえてよかったと思いました。

歯医者での必要書類の依頼

今回、保険の請求にあたって必要な書類は、以下の通りでした。(薬はもらわなかったので、それに関連する部分は該当しませんでした。)

  • 医師、病院、ラボラトリ-のfeuille de soins原本(公式でない請求書は無効です。)
  • 保険金請求書
  • パスポートの顔写真のあるページのコピー
  • 日本を出国したときの出国スタンプのあるページのコピー
  • 渡航先に入国したときの入国スタンプのあるページのコピー

このうち、「医師、病院、ラボラトリ-のfeuille de soins原本」は病院で発行してもらうもので、それ以外は自分で準備するものになります。
ということで、さきほどお示しした歯医者での会話の中で、「feuille de soins」をお願いしました。
もらった書類は日本でもらうような領収書とほとんど変わりませんが、担当医のサインがついていたので、「医師、病院、ラボラトリ-のfeuille de soins原本」ということになるのだと思います。

ここで注意していただきたいのが、

feuille de soinsに記載されているご自身の情報が正しいか、しっかり確認してください!!
私の場合、最初にきちんと名前と生年月日を伝えたつもりでしたが、病院を出る際に確認してみると名前が間違っていました。
急いで病院に戻り、正しい名前で再発行してもらいました。
どうしても外国人の名前は、なじみがなく、間違えやすいのだと思います。
名前が違うと、申請に差支えがでてくるでしょうし、別日に取りに行くのもめんどうなので、きちんとその場で確認してください!!

その他の書類

その他の書類は特に迷うことはないと思いますが、軽くお話していきます。

保険金請求書

グローブパートナーのHPからダウンロードできます。
基本的には、日本語でも必要項目が記載されているので、迷うことはないと思います。
ただ、1点注意していただきところがあります。

「Note: the transfers to a foreign account are subject to variable bank charges」
という記載があり、海外の銀行を指定すると、その手数料を請求しますよ、というものです。
そのため、フランスワーホリ中の方であれば問題ないと思いますが、フランスの銀行を指定するようにしましょう。
また、別紙として下記情報を含む振込先情報を添付する必要があります。
保険金受取口座: 銀行名, IBAN コ-ド, 支店名, 支店コード , 口座名義人, 口座番号
私は、Wise を使っているので、そこで開設しているユーロの口座を指定しました。

パスポートの顔写真のあるページのコピー、日本を出国したときの出国スタンプのあるページのコピー、渡航先に入国したときの入国スタンプのあるページのコピー

こちらもパスポートが手元にあれば、問題ないと思います。
一方で、「日本を出国したときの出国スタンプのあるページのコピー」ですが、数年前から出国スタンプは省略されておりますので、特別に希望していない限り、パスポートに押印されていないと思います。
もちろん、グローブパートナーさんの方でも把握されていると思いますが、一応その旨を付記しておきました。

グローブパートナーとのやりとり

上記の書類の準備を終えると、ホームページに掲載されているメールアドレスに書類を添付して送りました。
日本語向けの担当者の方がいらっしゃるようなので、日本語で大丈夫です。

その後、込み合っているため対応まで3週間くらいかかるとの、メールを受け取りました。

そしてちょうど3週間後くらいに、振込先の情報を提出してほしい旨の連絡が来ました。
しかし、「保険金請求書」の別紙として送ったはず、、、と思いましたが、細かいことでやりとりするのも面倒だったので、再度指定されたフォーマットで送りなおしました。

「請求先を聞くってことは内容は承認されて、すぐ振り込まれるのかなー」
と思っていましたが、甘かったです。
そこから1カ月ちかく音沙汰がなかったです。
ちょうどそろそろ連絡してみようかなーと思っているところで、承認された旨とまもなく振り込みがなされる旨の連絡が来ました。
とりあえず一安心です。

トータルで結局保険金を受け取るまでに2カ月近く要しました。
初めての経験だったので、これが早いのか遅いのかわかりませんが、額が大きければもっとかかることも覚悟しないといけないので、やはりある程度お金に余裕を持った状態でいないといけないと思いました。

保険金受領

その後、グローブパートナーからの保険金の振り込みがなされました。
私は先述通り、給与や支払いなどフランスでの生活のお金周りを一元化しているWiseを受取口座として指定しました。

Wise

上記でお話していた振込手数料もかからず受け取れたので、フランスワーホリをご検討されている方は、開設しておいて損はないと思います。

さいごに

いかがでしょうか。

まさか自分が保険の請求すると思ってなかった。。。と月並みなことを思っておりましたが、初めての経験だったので、いい勉強になりました。
また、今回は額が知れていたので、不幸中の幸いでしたが、もしもっと高額だったら、、、と考えると、やはり海外旅行保険の重要性がわかりました。

これからワーホリに行かれる方や、グローブパートナーへの保険の請求をする必要がある方の一助になっていれば幸いです。

ほなね~。

コメント

  1. よもぎ より:

    こんにちは!超ギリホリで、フランス行きを検討しており、ブログとっても助かっています。ありがとうございます:)
    グローブパートナーの保険についてお尋ねしたく、コメントさせていただきました。
    グローブパートナーのHPですと、通院費は100%補償となっているものの、注意書きで「(注1)ただしフランス国内の医療費還付は、次のようになっています。
    * 通院の場合、一回の治療に付き最高100Eurosまで補償」と書かれています。
    https://www.acs-ami.com/jp/globe_guarantees-jp.php
    フランスの医療費は高いと思うのですが、一度の治療で100eurosって少なくないのでしょうか?容易に超えてしまうのでは?と思って、躊躇しています。
    あまり医療機関にかからないと思うので、知る機会がないかもしれませんが、もし、100eurosの補償が金額的に少なすぎるかどうか、感覚があればご意見伺えると大変ありがたいです。ややこしい質問ですみません!

    • こんにちは!よもぎさん。
      私も29歳目前で出発しました!今行っとかないと1年間のビザが使えなくなる、と思うと、行っておきたくなりますよね!
      ご覧いただいた記事でご紹介したのは、歯の詰め物が取れてしまったケースで、たぶん日本でいうところの「初診」扱いで、処置をしてもらいました。
      それで60ユーロかかりました。
      私も病院を受診したのは、この1回限りなので、それ以外のケースは申し訳ございませんが、まったく知見がありません。。。
      他の方の体験談や、自分の健康状態と懐事情と相談しながら考える、ということぐらいしか私には思いつきません。。。。

      病院に行くかどうかって全く読めないですし、保険決めるのめちゃくちゃ難しいですよね。。。。
      ちなみに、私は節約したかったのと、歯科治療がついていてほしかったので、グローブパートナーにしました。

      あまりお力になれずすみません!!

タイトルとURLをコピーしました