PRを含む
スポンサーリンク

ニースでレンタル自転車を使う方法【vélobleu】【NFC】

ニースでレンタル自転車を使う方法【vélobleu】【NFC】 ワーホリ
浮舟
浮舟

~この記事を読んでほしい方~

ニースに旅行へ行く方

ニースに住む方

今回のお話は、ニースのレンタルサイクル「vélobleu」についてです。

ニースへ旅行に行く方、もしくは私のようにワーホリなどで、ニースに住む予定がある方の参考になれば幸いです。
特に、一番最後のNFCで借りる方法は、非常に便利なのですが、初期設定がわかりづらいので、画像付きで丁寧に解説していきたいと思います。レンタルするときの端末が日本語には対応していないので、ぜひこの記事を見ながら、快適にニースを観光・移動してもらえればうれしいです。

velobleu

スポンサーリンク

会員登録

まずは「vélobleu」のサイトで会員登録を行います。

右上に表示されている「Mon Compte」を選択し、下の方に表示されている「S’inscrire」を選択します。

velobleu
すると、次のような入力フォームが現れます。

velobleu

特に難しい項目はないので、PCやスマホの日本語翻訳をかけてもらえば、問題なく入力できると思います。住所については、観光などで来られている方はホテルなどの住所でいいと思います。
そして、一番最後に利用期間を選択する項目がありますので、必要な期間を選択します。
ちなみに私は3カ月滞在する予定なのですが、1カ月の次が1年しかなかったので、1年間契約にしています。

Velobleu

続いて、クレジット決済の画面が現れますので、ご自身のクレジットカードを入力して、決済すれば完了です。

私はワーホリなので、給与受け取りも兼ねられるWise のデビットカードを使っています。

【Wise】フランスワーホリお金周り【給料・クレカ・携帯料金・現地通貨】

電話して借りる

まずは、電話で借りる方法です。

これは若干めんどくさいですが、初期設定などは必要なく、登録後すぐに使えるので、数回しか使う予定がない方は、この方法で十分だと思います。

  1. 左右どちらでもいいので、一番上のボタンを押します。(タッチパネルではないので注意)
    velobleu
  2. 次に電話番号が書いてある3番目の選択肢のボタンを押します。
    velobleu
  3. そして、表示されている電話番号に、Velobleuの会員登録時に入力した電話番号で電話を掛ける。
  4. 利用可能な自転車の番号が緑で表示されるので、その数字のボタンを押して、チェーンを引き抜くと利用が開始できます。
ステーションごとに電話番号が異なります。

お手持ちのNFCで借りる

さて、続いて、NFCを使った利用方法についてお話していきます。
先述の通り、私はニースに3カ月滞在する、しかもほぼ毎日利用する必要があるので、いちいち電話するのは面倒です。
そこで、私は持っているNFC、もっと言うと、Wise デビットカードをタッチすることで、本人認証を行い、自転車を利用しています。これだと、端末にWise のカードをかざすだけで利用が始められるので、めちゃくちゃ便利です。

別の記事で、Wise デビットカードについて書きましたが、それ以外にこんな利用方法もあったのか、という感じです。

【Wise】フランスワーホリお金周り【給料・クレカ・携帯料金・現地通貨】
浮舟 ~この記事を読んでほしい方~ フランスワーホリに行く方。 その他の国のワーホリに行く方。 海外留学や海外転勤などへ行かれる方。 今回は、お金周りのお話をしたいと思います。 ワーホリや海外留学、海外勤務で切っても切り離せないのは、「お金...

もちろん、クレカだけでなく、NFC付きのスマホなどでも利用可能です。

ただ、登録方法が若干めんどうなので、写真付きで解説していきたいと思います。

  1. さきほどと同じように一番上を選択する。
    velobleu
  2. 再び一番上を選択する。画面が変わるので、画面の右側にある「ici(ここ)」と書いてあるマークの部分に登録したいNFCをかざします。
    velobleu
  3. 3番目を選択する。
    velobleu
  4. 2番目を選択する。
    velobleu
  5. すると、②の画面に戻ります。が、安心してください。ここで、ほかの方法で本人認証(電話をかける方法)を行い、問題なければ、かざしたNFCとvelobleuのアカウントを連携させてくれます。
    velobleu
  6. 後は、前の章でお話した「電話して借りる」と同じフローです。きちんと電話番号で認証できると、次のような画面が現れます。
    velobleu
  7. これで完了です。次からは電話ではなくNFCをかざすことで自転車を借りることができます。

その他の情報

後は、ほかのサイトを見てもわかるような情報ですが、使うにあたって知っておいた方がいい情報を箇条書きでシェアしておこうと思います。

  • 自転車を返却するときは、最初の画面の「Restituer」(2番目のボタン)を選択して、表示された番号の挿入口に差し込む。
  • 最初の30分は無料だが、30分を過ぎると1ユーロ、以降は1時間ごとに2ユーロ課金されていく。一度返却すればリセットされるので、時間管理をうまくしてください。
  • 返却時間がすぎないように、どこに自転車のステーションがあるか事前に把握しておく方がいいです。そのためには、Velobleu niceというアプリがあります。このアプリは、ステーションの場所だけでなく、そのステーションに貸し出しできる自転車があるか、または、(見落としがちですが、)自転車を返却できる場所があるか(満車であればそのステーションには返却できない)、などを知ることができます。
  • はずれの自転車も多数あるので、使い始める前に、自転車の空気は入っているか(パンクしていないか)、サドルの高さを調整できるか、ブレーキは効くかなど確かめておいた方がいいです。
    私がみた一番ひどいのだと、片方のペダルがない自転車などもありました。。。

さいごに

いかがだったでしょうか。

ニースには海沿いをまっすぐ自転車で走れる道もあって、非常に気持ちがいいので、移動の選択肢として、自転車を検討してみるのもいいと思います。
そうしたときに、ストレスなく、自転車をレンタルできるお助けになっていれば非常に幸いです。

ほなね~

コメント

タイトルとURLをコピーしました